スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

東京湾へとロケ地をめぐる旅に出発 -目黒川ロケ地マップ-



東京の川といえば、荒川、多摩川、隅田川などがすぐ浮かびますが、その中でも荒川は、映画『男はつらいよ』やドラマ『三年B組金八先生』などのロケ地として有名なので、さぞやロケがたくさん行われているだろうと思いきや、実はそうでもないのです。

作品のネームバリューとロケ地の多さは決して比例しないということ。

だとすると、ロケの多いのは歌にもなった『神田川』でしょうか。
それとも、石神井川なんていう、地元の人以外しらないようなマイナーな川の方が、ロケがしやすいからロケ地が多いでしょうか。

実は、東京の川でロケがたくさん行われているのは目黒川。

最近は中目黒が住みたい街の人気ランキングで上位に入り、桜祭りや冬にライトアップが話題となっいる、今話題の川が一番ロケ地として使われているんですね。

目黒川は、全長7.82 kmと、全部を歩くのに1日とかからないほど短い川ですから、ロケ地めぐりには最適。

今回は、ロケ地の宝庫『中目黒』を過ぎた五反田あたりから、東京湾までを歩いてみました。



1_2橋の上は、人間関係が濃密になるようです -ふれあいK字橋-

2_2日本の巨大企業はみんなここが本社? -アートヴィレッジ大崎セントラルタワー-

2_2歴史のある赤い橋が、大崎副都心のシンボルです -御成橋-

2_2味のあるこの橋の歴史は意外と古い -鈴懸歩道橋

2_2ロケ地にも歴史や由緒がある? -鎮守橋

2_2ロケ地としての歴史は半世紀超え -品川橋-

2_2お台場とは違った水辺の魅力 -天王洲 アイル橋-


スポンサーサイト

  • 2016.03.03 Thursday
  • -
  • 15:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク