スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ロケ地としての歴史は半世紀超え -品川橋-



品川区のロケ地として有名な場所に『北品川橋』があります。 あの、初代ゴジラ(1954年公開)でもロケ地として使われているという、ロケ地のレジェンドですが、『北』のつかない『品川橋』も、北品川橋に勝るとも劣らないロケ地のレジェンド。

こちらは、川島雄三監督監督の名作『幕末太陽傳』(1957年公開)でオープニングに使われているというのですから、半世紀をゆうに超える歴史を持つロケ地です。

北品川橋が全体のロケーションが魅力的で、役者さんと背景が映りこむようなアングルで橋を渡るシーンが多いのに対して、この品川橋は、橋で立ち止まって話をしているようなシーンが多いのが特徴。

これは、橋に広さがあり、また左右に商店街が続いていることで、歩いてきてここで立ち止まったときに、いろいろなアングルで撮影できるから。
だから、この品川橋の左右に広がる北品川商店街でも、多くのドラマが撮影されています。

スポンサーサイト

  • 2016.03.03 Thursday
  • -
  • 10:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク